ninja250くんからACC相当電源取り出し

オッハー!!!!!!!!!!!!!!(ガンギマリ)

というわけでNinja250くんから色々と用途の多い普通自動車でいうACC電源を取り出しちゃるけんね。

今回は定番のリアナンバー灯用回路から分岐したけど、折角タンデムシート下にETC用防水カプラが用意されてるんだからそちらを使えばよかったんだよなぁ・・・(無計画)

まあとりあえず今回使った材料はこちら

・エーモン工業【1198】カプラー2極(ロック付・110型) 1組
※勿論110型2極ロック付のカプラーと端子が入手できるならエーモン製に限らない

・エーモン工業【M282】カプラー2極 1組
※保守性の工場のための採用なので、2極である程度の耐震性があればなんでもいい。
ギボシや防水カプラでも可

・塩化ビニル被覆並行電線 0.75sq 任意の長さ
※0.75sqの選定理由は既設配線が0.75sqに見えたから。
一応0.75sqの許容電流は約7Aだから短絡保護、過負荷保護として定格電流の150%(7A×1.5=10.5A)で遮断するのは妥当かなぁ

・ミニ平型ヒューズボックス 1組+ミニ平型ヒューズ5A
※ミニ平型ヒューズボックスを選定すれば、既設ヒューズボックスの横に連結が可能
遮断電流5Aなのは今回製作する回路に地絡、短絡、過負荷等の不具合が発生した場合、分岐元回路であるリアナンバー灯回路ヒューズ(10A)より先に溶断しトラブルの極限化を図るため。また、12V×5A=60W(5Vに降圧して使用する場合は60W/5V=12A 変換効率無視)の容量を確保しているので携帯電話、インカムの充電等には支障ないと考える。

・束線バンド(耐候性) 適量
※フレーム色に合わせて黒色にすると目立たなくていい。

それでは制作に入って行きましょうね~

1.シート、カウル取り外し

DSC_0950

ググれ(非情)
参考にさせていただいたサイト:クッソ汚い絵描きのブログ – ninja250先輩の足つき&ガバガバカウル分解写真

・サイドカバーを外すときはある程度力ずくで変形させながら外すことになるが、サイドカバーの先端がタンクに接触することがあるため作業前に養生テープ等で養生しておいたほうがいいと思う。(キレ気味)

・シート保持用の無塗装の金属板を固定しているM6ボルトはかなり固かったので車載工具の片口スパナではなくソケットレンチやメガネレンチを使用することをおすすめします。ネジロック剤は不使用でした。

2.配線確認、電圧チェック

DSC_0947

汚い爪だなぁ…(呆れ)

一応目的の回路かどうか確認。キーをIGNITION位置にしてカプラを抜き、リアナンバー灯が消灯することを確認。
確認できたらテスターで極性測定。赤線がP側、黄黒線がN(GND)側でした。エンジン停止時12.2V,エンジン始動後14.0V
ちゃんとIGNITION時だけ電圧ありになるからバッテリーあがりの心配はないね。

3.ハーネス制作

DSC_0949

2.で確認した配線に合わせてハーネスを作成。

下図赤色が追加箇所。DDコンバータ他外付デバイスは限界保全とするので壊れたらすぐに取り替えられるよう分岐先にコネクタを設ける。

Ninja250ハーネス

4.接続

DSC_0951

既設ヒューズボックスの横に連結できます。

DSC_0953

外付けデバイス接続コネクタ

本日はここまで。シガーソケット、DDコンバータ設置はまた今度。

カテゴリー: DIY, Ninja250 | コメントする

Ninja250先輩ならし運転完了とミラーオフセットの効果について

金沢から舞鶴まで、Ninja250くんと一緒にならし運転しに行った。

折角GPSログとったのに編集できなくてあああああああもうやだああああああ!!!!(デスボイス)

GpsPruneで便利に編集できました。作者様に感謝

片道約220kmで5時間ほどかかりましたが、1000kmのならし運転が終了しました。

このツーリングで先日行ったミラーオフセットの絶大な効果を知ることができました。

舞鶴

DSC_0911

道中、福井県民の交通の下手さ加減に辟易し(暴言)

年代物ディーゼルトラックに黒煙ブッチッパ!され

やむなく人生初の信号待ちすり抜けを許容し

結構ヒヤリハットの多いツーリングだった…

ミラーオフセットについて

ほんの30mmほど外側に移動するだけですが、その効果は絶大です。

なんてったって後続車のナンバーが読めるぐらい背後の視界がひろがるんだよなぁ・・・

なんで純正でこうなってないんや(憤怒)

ただし高速巡航ガン伏せポジをとると空しか見えなくなるんだよなぁ・・・

カテゴリー: DIY, Ninja250, ツーリング | コメントする

Ninja250くん500km到達とミラーオフセット

本日Ninja250くんの走行距離が500kmに到達したよ!じゃけん赤男爵いきましょうね~

あっ!ミラーオフセットしよ(唐突)

CB400老師につけてたクソゴミ純正風ミラーよりは比べるのも失礼なほど見やすいNinja250純正ミラーですがミラーの1/3にワイのクッソ汚い体が映り込むんだよなぁ・・・

というわけで

corocomaニキの

http://corocoma.hateblo.jp/entry/2014/03/02/015138

で知ったミラーオフセットブラケットを自作してみたよ!

これを

DSC_0888

こうして

DSC_0893

・六角穴付ボルト M6×50 鉄 黒染め 4本

・六角高ナット M8×30 鉄 ミガキ 4個

・広ワッシャー M8 4個

今回調達した部品代だけなら380円ぐらいでできた。安すぎるんだよなぁ…

・ラッカースプレー 黒 1本(中古)
DSC_0891
DSC_0892

こうじゃ

DSC_0894
DSC_0896
DSC_0897

塗装はがれる(確信)

脱脂洗浄はしっかりしたけどちょっとでもこすると剥がれてくるんだよなぁ・・・

やはり下塗り錆止め1回 中塗り黒3回 上塗りクリア2回ほどやらないと弱いかなぁ・・・

とりあえずしばらく様子見して都合がわるいようだったら塗り直します。

肝心の使用感はまた明日

カテゴリー: DIY, Ninja250 | コメントする

Ninja250くん納車

DSC_0824

先日2015年モデルのNinja250が納車されました。

本日はNinja250くんと一緒に珠洲へならし運転に行きました。

先代のCB400SF SpecⅢ老師にはお世話になりました。ありがとうございました。

これから1000kmまでならし運転が続きます。みとけよみとけよ~?

カテゴリー: Ninja250 | コメントする

ドスパラタブレットを塗装

ドスパラタブレットを先日購入しました。

タッチ精度悪い・・・無線不安定・・・ホーム重い・・・

というわけでCyanogenMod 10.1を導入しました。

ヌルヌルのサクサクです。

無線も安定してます。

設定もガリガリいじれます。

で、塗装しました。

ボデーペンのWRブルーマイカで塗って

IMAG0388

クリアで塗ってこうなりました

IMAG0389 IMAG0390

カテゴリー: 未分類 | コメントする

minecraft overviewer Player描画

Minecraft overviewerを導入しましたが、プレイヤーの描画に苦労したのでメモ書き程度に書いておきます。

Minecraft Overviewerの導入方法、一般オプションについては大金星さんがわかりやすくまとめてくれていますのでここでは割愛します。

Playerを描画するためのオプションはワールドやディメンションを設定したコンフィグファイルに記入すればOKです。

私の記入した内容は以下のとおりです。

[python]

#描画するワールドのディレクトリ指定
worlds["World"] = "/home/minecraft/server/world"

#エンティティID取得関数
#poiを使ってPlayerの情報を取得
def playerFilter(poi):
#poi["id"]がPlayerだった場合の処理
if poi["id"] == "Player":
#poi[‘icon’]にpoi[‘EntityId’]で取得したプレイヤーIDに設定されているアバターを格納
poi[‘icon’] = "http://overviewer.org/avatar/%s" % poi[‘EntityId’]
#overviewer上でプレイヤーアイコンをクリックした時にpoi["id"]すなわちPlayer
#およびpoi["EntityId"]すなわちプレイヤー名を表示する
info = "[%s] \n %s \n" % (poi["id"], poi["EntityId"])
#体力と満腹度の表示
info += "Health: %i\tFood: %i \n" % (poi["Health"], poi["foodLevel"])
#所持アイテム数のカウント
item_sum = 0
for item in poi["Inventory"]:
item_sum += item["Count"]
#所持アイテム数の表示
info += "%i items" % item_sum
return info
#poi["id"]がPlayerSpawnすなわちプレイヤーのリスポン位置だった場合の処理
elif poi["id"] == "PlayerSpawn":
#アイコンにベッド画像を使用
poi[‘icon’] = "bed.png"
#PlayerSpawnとプレイヤー名を表示
return "[%s] \n %s \n" % (poi["id"], poi["EntityId"])

#変数playersに名称とエンティティID取得関数で取得した情報を格納
players = {‘name’: "Players", ‘filterFunction’: playerFilter}

#overworldの昼を描画
renders["Daytime"] = {
"world": "World",
"title": "Daytime",
"rendermode": "smooth_lighting",
"dimension": "overworld",
}

#overworldの夜景を描画
renders["Nighttime"] = {
"world": "World",
"title": "Nighttime",
"rendermode": "smooth_night",
"dimension": "overworld",
}

#overworldのPlayerを描画
renders["Players"] = {
#描画ワールド設定
"world" : "World",
#ボタンタイトル表示
"title": "players",
#描画対象に変数playersを指定
"markers": [players],
#背景に昼を使用
"rendermode": "smooth_lighting",
#描画ディメンション設定
"dimension": "overworld",
}
#ネザー描画
renders["Nether"] = {
"world": "World",
"title": "Nehter",
"rendermode": "nether_smooth_lighting",
"dimension": "nether",
}
#出力先指定
outputdir = "/var/www/html/overviewer/"
#テクスチャ指定
texturepath = "/var/www/html/overviewer/terrain.png"

[/python]

細かいところは大金星さんの説明を参照ください

以上のコンフィグファイルをcronでも使って
5 6 * * * overviewer.py –config=/home/minecraft/overviewerconfig
20 6 * * * overviewer.py –config=/home/minecraft/overviewerconfig –genpoi

とでも設定しておけば良いんじゃないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

HTC J カーコンセント用D/Dコンバータ作成

HTC Jの購入に伴って、車載充電器の更新を行いました。

オズマの「スマートフォン用DC充電器USBタイプ」です。

出力電流1Aで、急速充電が可能な点、また某ヤマダ○機で一番お手頃だったので購入しました。

ただし、テスターチェックすると急速充電の条件であるUSBの2番端子-Dと3番端子+Dの短絡がされていませんでした。

このままでは意味がないので、下記のように分解して

何のためについているか分からない1番端子-2番端子間のチップ抵抗、3番端子-4番端子間のチップ抵抗を取り外し、錫鍍金線で短絡しました。

安定化電源による試験では良好です。

しかし車のバッテリーを食いつぶしたりしないだろうな・・・。

 

あと最初はACアダプタは既に持っているAU用充電器に変換コネクタを付けて使おうと思っていましたが、AU純正のアダプタの出力電流は600mAしかなく、急速充電が行えません。

これは面倒くさいということで、ACアダプタも買ってきました。

こちらもオズマの「ACU-SP01 miniPackage」をたまっていたポイントで購入しました。

また、通信/充電用のUSBケーブル オズマ製「microUSB data Cable1.2m/Black Color

を購入しました。

ただし、こちらのACアダプタも車載アダプタと同様にUSBの2番端子-Dと3番端子+Dの短絡がされていませんでした。

このACアダプタは大変安っぽく、箱の閉じ方も嵌合などではなく接着となっていました。

せっかく買ってきたので、溝をアクリルカッターで掘り進め、分解することに成功しました。

こちらも謎のチップ抵抗がついていたので、

はがして短絡しました。

 

なんで部品点数が増えるようなことをするのかなぁ・・・

カテゴリー: 未分類 | コメントする

SARD オイルフィルタークーリングブロック

油温計の取付けに伴い、サンドイッチブロックが必要になりました。
いつも行ってる自動車修理工場に聞いたところ、SARD製がおすすめらしいので購入しました。
以下が購入品です。
SARDクーリングブロック
左側の赤いのがホースジョイント φ8 3way PT1/8 (品番:19250)です。
それについているのはDefiのRacerGauge Φ60 圧力計の圧力ヘッドです。燃圧計として使用します。

右側の青いのがクーリングブロック(M14×P1.5センサー穴×1)(PT1/8センサー穴×1)φ65 M20×P1.5 (SB31)(品番:63231)です。

次のオイル交換の時に取付けを行います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

インプレッサ ブーストメーター取付

念願のブーストメーターを取付けました。
使用した製品は以下になります。
<主要部品>

ターボ計/DF11505
-100kPa~+200kPa
19,950円(税込・工賃別)
(本体価格 19,000円)

トリプルメーターフード/DF03301
インプレッサGD/GG型 ’00.08~
価格15,750円 工賃別
(本体価格15,000円)

<その他必要資材>
・JURAN シリコンメーターホース 1m
・JURAN ホースジョイナー(三方T型)6-4-6Φ 1個
・インシュロック 少々
・ユニバーサル基板 1枚
・すずめっき線 少々
・ユニバーサル基板用電線対基板コネクタ 4極 4個
・はんだ 少々
・コーキング剤
・すきまテープ
・ビニールテープ
・養生材(新聞紙、ビニールシート、養生テープ、養生シート)
・M6首下10mmボルト(SUS推奨)
・M6ナット(SUS推奨)
・モリブデンスプレー
・紙やすり#600
・脱脂剤
・塗料(アクリル樹脂)
<必要工具>
・呼び線(ワイパーブレードの骨子や針金など) 1m以上
・+ドライバー#1,#2
・ニッパー
・ラジオペンチ
・作業灯
・内張はがし
・テスタ
・半田ごて
・こて台
・ピンセット
・ルーペ
・カッター
・スパナセット

defi 3連メーターフード 塗装しました。
届いた時点でグレーのサーフェイサーだったので、600番で磨いて脱脂してつや消し黒で塗りました。
つやありだと反射して絶対に見難くなるのでつや消し黒です。少し梨地気味に吹きます。
車屋さんに道具と場所を借りて塗ったので非常に綺麗になりました。

メーター電源は時計パネルに使用されていた線を使用します。
配線は
青x赤(BATT)-バッテリー
黒-(GND)-ボディアース
紫-(LIG)-イルミネーション
黄x緑-(ACC)-アクセサリー
となっておりました。
説明書には常時電源、ボディアース、イルミネーション、イグニッション電源を接続しろと書いてありましたが、イグニッション電源はチャタリングすることがあるみたいなのでACCへ変更しました。
以降はバッテリーを外して作業します。

バッテリーを取り外す際は絶対に先にN側を取り外すこと!


室内への引きこみは最初クラッチシリンダーの下にあるブッシングから入れようと思っていましたが、写真の通りブレーキフルードのリザーバータンク横のブッシングに既に穴が開けてあったためそちらを利用しました。
呼び線の挿入にストローを使用しました。これで挿入が格段に楽です。

車内のここから出てきます。わかりにくいですが上部の銀色の部品がステアリングロッド、中央の黒い部品がクラッチペダルです。あとは時計パネルまで引き上げるだけです。

圧力ヘッドは水のかからない、熱の伝わりにくい、堅牢な、振動の少ない、メンテナンス時に取り外しやすい、インマニから配管の延長が短いところを探して取り付けます。
GDBならばインマニにステーが準備されていますが、GDAのため写真のケーブルコネクタのステーにM6のボルトナットで取り付けました。
配管は付属のものを使おうとしましたが、足りなかったためメーターホースを買って使用しました。配管ルートはアクセルワイヤーと同一にしました。

圧の取り出し箇所は写真の通りです。付属の説明書や他車種ではブローオフバルブのインマニ側配管から分岐させていますが、インプレッサの場合そこから取るとターボ不調の原因となるそうなのでこちらの配管から取りました。元々のホースは6φなので、6-4-6φの分岐管を準備しましたがメーター付属の4-4-4φの分岐管でも使用出来ます。ただし内径が小さくなるためオリフィスとなってしまい、不具合が出るかもしれません。

車内に戻ってメーター電源の確保です。写真では既に組み立てが終わっていますが時計パネル用の電源コネクタがありました。元に戻せない改造はあまり好きではないので既設コネクタのメスを探しましたが特殊品らしく見つけられませんでした・・・
仕方なくぶった切って、汎用の4極の電線対基板のコネクタを取り付けます。太さは0.75sqだと思います。多分。
基板の方は後々3連メーターにしたときに簡単に拡張できるよう電源側含め4コネクタを取り付けました。ユニバーサル基板をカットして使用しています。渡りはすずめっき銅線です。
負荷電流に関しては細かく計算していませんがメーターのカタログによると1台につき最大120mA,3台にすると360mA。電線の太さが0.75sqだとすると許容電流が12A。細く見積もって0.5sqでも10A。さらに0.3aqでも8A。超えるわけがない。短絡電流が流れた場合は溶断するかもしれませんが、おそらく先にヒューズが溶断するでしょう。
べつによく見る分岐用エレクトロタップでもよかったのですが、3連メーターにしたら分岐の分岐の分岐が出来上がってしまうのと増設やメンテナンスでメーターパネルを取り外したときにつなぎ間違いのおそれがある、トラブル時にも容易に切り離しができるなどの利点から基板-コネクタ構成になりました。
同じ理由で端子台も却下。あとお値段もこちらのほうが格段に安いです。
基板裏面には振動防止と絶縁を期待してスポンジテープを貼りつけています。
メーター側コネクタは机上で加工できたため圧着+半田付けですが、車体側コネクタは作業性が悪かったため圧着のみです。
一応抜け止め付きのコネクタですが何分お安いもので、見栄えと精度を気にするならもっとしっかりしたコネクタを選定するべきです。
ヒューズも基板実装にして既設ヒューズボックスに取り込むべきだったかな・・・しかしメーター1個につきヒューズが2本必要になるのでそれを考えると・・・
我慢できなくなったら製作します。作るならメーター電源スイッチも付けたいね。
作成後はテスターで導通チェックを行なって完了です。なんとなく抵抗は2Ω以下にしたいね。
短絡箇所・開放箇所を念入りに・・・特に今回バッテリー電源があるので短絡したら洒落にならない。

あとはメーター裏にコネクタを差し込み、パネルをはめて完成!

バッテリーを接続する際は絶対に先にP側を接続すること!

N側を異常があればすぐに取り外せるよう試充電。異常なしを確認して接続です。

キーIGN位置。かっこいい!

あと2つのメーター、何入れようかな。

カテゴリー: DIY, インプレッサ | コメントする

ブーストメーター発注

ブーストメーター発注しちゃった・・・

カテゴリー: 未分類 | コメントする